「ゴルフで左肩が痛い」

【テイクバックのときに左肩のうしろが痛む】

50代男性の患者さん、ゴルフがとっても大好きなのですが、一度「背中ぎっくり」をやってから〝体幹の回旋〟が怖くなってしまい、その結果〝左肩のうしろ〟を傷めたそうです。

ゴルフをする人ならすぐわかると思いますが、「左肩の損傷」はプレーにとって致命的です。

ところがご本人は、

「左肩の可動域が悪く、痛いのもわかっているんです。でも背中をまたやってしまってゴルフができなくなるよりは、肩をガマンしてでもやりたかった

ここまで言われたらもう止める理由なんてありません。
当院の方針にピッタリです。

当院では、治療過程において趣味や運動をやめさせることはしません
むしろ、

やってみてどれくらい変わっているか?

これを毎回リサーチしながら治療を行います。
そうすることが最短だと考えるからです。

その患者さんは昨日、8回目の治療で
左肩の可動域が大幅に回復したため、
今日(2018/11/03)も元気にゴルフへ行きました。
昨日の今日です。(笑)

そのアクティビティ、素晴らしすぎます。
そのためにぼくの治療があるんですよね。

こんなに快晴で風もない日に、
さえぎるものがないなんて最高じゃありませんか!

関連記事

  1. 保護中: 動画のテスト