妊婦 × 肩こり

整体マッサージのえんどう整体院です。

最近、マタニティの相談が多くなりました。

・乳腺炎について
・骨盤矯正はいつから
・産後の体型もどし
・旦那について(笑)

などです。
意外なことに、「肩こり」と「乳腺炎」は関係があります。
とくに「肩甲骨の間が苦しい」などがある妊婦さんは、
そのまま持ち越して出産準備に入ると、
自分のケアができなくなり、
乳腺炎の発症頻度が高くなります。

肩甲骨の間や背中のこりが出ていることは

いわゆる「猫背」がかなり進んでいる証拠。
背中の筋肉や肩のこりは、

【猫背をがんばって補正してくれている】

だから「こり」そのものが悪いわけではないのです。

話しを戻すと、
乳腺炎と背中の関係性はちょっと難しいので、

【猫背になると前側の乳腺が圧迫されて詰まる】

くらいの説明にしておきます。
背中と乳腺は真裏にあるので関係性に気付きにくいですが、
出産準備の入院や予定日前には、
しっかり時間を取って

「肩・肩甲骨の間・背中」(できれば腰も)
をほぐしてから出産に望む。

ことをオススメします。
でないと産後はいろいろなことで
自分の時間を設けることができなくなるからです。
そして背中が曲がったままにしていると、
「ぎっくり腰」もその先に待っているので、
先輩ママさん達も

「まずは自分のケア」

と口を揃えておっしゃっているので、
これからのプレママさんたちはいまのうちに
ほぐしてケアしておきましょう。

関連記事

  1. ダイエットに失敗?

  2. 片足だけ冷え性?

  3. 花粉症に「柑橘ヨーグルト」

  4. ぜひメールをご活用下さい

  5. ヘルニアについて【後編】

  6. 2019おぼん休は8/16から