椎間板ヘルニアのみなさまへ

椎間板ヘルニアの診断がなされると、患者に残された選択肢は「切るか、切らないか」
たった2つの選択肢から今後の治療を選ぶことになります。

・「切る」
これは文字通り、つぶれて神経を圧迫している椎間板の残骸を手術で摘出することです。
当然入院が必要となり仕事も休まなければなりません。

しかし、症状の軽快はなぜか100%でないリスクを伴います。
つまり、手術してもあまり良くならないケースがあるということです。

・「切らない」
ほとんどのヘルニア患者がこちらの「温存治療」を選びます。
通院で行われるため、仕事や日常生活を送りながら治療ができるメリットがありますが、
実際に行われる治療は「鎮痛剤」による痛みの緩和措置なので、
椎間板そのものに働きかける治療ではありません。
もちろん成果もそれほど期待はできないでしょう。

ではどうするか?

椎間板ヘルニアとは、椎間板が斜めにつぶれた状態。
椎間板の中央部分が自分の上半身によって斜めに圧出されているため、
まずはその「斜め」を立て直す必要があります。
これは本人の、いわゆる「姿勢」が重要なポイントになります。

腰の椎間板ヘルニアは、意外なほどあっさり進行・発症します。
例えば、

・ソファーを柔らかいものに買い換えた

など「すわる」ことの変化でも進行・発症します。

腰のヘルニアに限らず、他の腰痛疾患においても
一般的イメージのように「重いものを持つことで腰を痛める」ことは
実はごくわずかで、多くの場合は

自分の「からだの重さ」が引き金になっているのです。